×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハンティングワールドの歴史

ハンティングワールドの魅力って深いですよね。そんな独特の魅力があるハンティングワールドの歴史とは。
創始者の方はいろいろな顔をもっているそうです、建築家であり不動産ディベロッパーでもあり、作家として、そして冒険家でもあるロバート・M・リーが生み出したブランドだそうです。肩書きだけでもすごく行動派なのでしょうね。
そんな彼はアフリカに行きサファリ ツアーに出掛けるたびに、大事なカメラ機材やフィルムなどをアフリカの暑さ、湿気、土ぼこりから守ってもらえるバッグの必要性を痛感していたそうです。しかしながら期待に沿うようなものは見つからなかったようで、素材開発からはじめ、自分の理想とするバッグを作ることにしたそうです。1965年にハンティングワールドの歴史がはじまったそうです。
そんな創始者ロバート・M・リーの理想が詰まっているハンティングワールド。

ブランドの魅力

ハンティングワールドの創始者、ロバート・M・リーは、旅行中の経験などをその身をもって体験したそうです、そんな探検家達の要求などを元にして開発されたバックは、バチュー・クロスとよばれる三層構造になっているナイロン素材からできているそうです、そのバチュー・クロスによって高温や高湿から中身を守ってくれる機能性や、そんな旅行に相応しい合理的なデザインなどが認められたそうで、高い評価を受けることになったハンティングワールドです。
そんなハンティングワールドは1984年に日本に一号店をオープンしたそうです。当時の流行はカジュアルな路線が多く、そんな時代の中でハンティングワールドは、過酷な条件によって開発されてきた機能性、信頼性、高級感、高価格などが時代の流行に応える形で、ハンティングワールドはカジュアル派として、セレブリティーな要素が見え隠れするブランドとして、またそれが最大限の魅力になっていきました。

ハンティングワールドの579

そんなハンティングワールドのバックは、現在でも人気の商品の一つです、またハンティングワールドの財布もバックとセットで購入される方も多いそうです。品質は変わらずしっかりしていると評判のようです。
ブランドのシンボルになっている像のマークは、発祥地であるアフリカに敬意を表しているそうです、そして自由と蘇生の象徴である、牙のない仔象がモチーフになっているそうです。
そしてハンティングワールド 579は、注目されているようで人気が高いようです。スーツなどにも似合うラインアップが多く、シックでエレガントと評判のようです。
30年以上もの間、優れた機能性とデザインを発表しているブランド「ハンティングワールド」にこれからも期待と注目が集まりそうです。

Copyright © 2008 ハンティングワールドをピックアップ!